• ホーム
  • 皮膚カンジダは真菌薬のケトコナゾールで有効的に治療できるのでおすすめ

皮膚カンジダは真菌薬のケトコナゾールで有効的に治療できるのでおすすめ

2020年06月06日

皮膚カンジダはカビが原因となって発症する感染症のひとつであり、これは性行為がなくても感染することがある病気なので、セックスを行っていない人や性行為を行うことがないような年齢の子供でも発症することがあります。誰でも発症してしまう可能性がある病気ですから、感染してしまう理由や予防方法、治療方法などを知っておくことが大切だと言えます。あらかじめ正しい知識を身につけておくことで、普段から予防に努めたり、いざというときにはケトコナゾールを用いて正しく治療したりすることができるようにしておきましょう。

皮膚カンジダはカンジダ菌と呼ばれるカビの一種が原因となって発症する病気ですが、これは身体の免疫力が低下したり、カビが繁殖しやすい環境をつくってしまったりすることで起こります。まず、風邪や糖尿病などの病気にかかっていたり、疲労やストレスが蓄積していたりすると身体の免疫機能が低下してしまうため、あらゆる病気に感染しやすくなり、皮膚カンジダも発症しやすくなるのです。また、皮膚が不衛生な状況にあるとカビは繁殖しやすくなってしまい、大量の汗を吸収した下着などをずっと着用していたり、身体が汚れてしまったにもかかわらず、きちんとお風呂などで洗わなかったりすればカンジダ菌を増殖させてしまうでしょう。これは赤ちゃんも感染することがある病気であり、排泄物で汚れているおむつの交換が遅くなってしまうことで、おむつ内が高温多湿な環境になりカビが繁殖することもあります。

皮膚カンジダを起こさないようにするためには、免疫力を高めたり清潔な下着を着用したりすることが大切ですが、もし発症してしまったのであればケトコナゾールを用いて治療しましょう。ケトコナゾールは真菌薬と呼ばれるカビに効果的に作用する治療薬であり、原因となるカンジダ菌の活動を抑制するだけでなく、死滅させる効果があります。これは日本ではクリームタイプやローションタイプのものしか販売されていませんが、海外医薬品を個人輸入すれば錠剤タイプを手に入れることもできるのです。いずれのタイプの治療薬を用いるとしても、用法用量を守って使用したり服用したりすれば皮膚カンジダを治すことができます。

皮膚カンジダ症になると肌に発疹が見られ、かゆみや痛みを生じることになるので、まずは予防方法を実施することで感染する確率を低くしましょう。下着内を高温多湿にしないように注意し、お風呂上りはきちんと乾燥させてから下着を身につけることも大切です。赤ちゃんのおむつを交換するときも、おしり拭きシートで拭いて清潔にした後は乾燥させてからおむつを履かせるようにしましょう。これらの予防方法を実施しても発疹などができて皮膚カンジダ症になることがありますので、そのときは真菌薬であるケトコナゾールを使用することで治療するようにしてください。ケトコナゾールはカンジダ菌に対して有効的に作用するので、完治させるために役立つはずです。

関連記事
HIVとAIDS(エイズ)の違い

HIVやエイズの恐ろしさは世界的に共通の認識となっていますが、その詳細な内容まで理解している人は少ないと言えるでしょう。ただ漠然と怖いものだと思っている人が多く、それぞれにどのような特徴があるか把握していない人も多いと言えます。なかには、これら2つは呼び方が違うだけで同じ病気だと思っている人もいるよ

2020年04月30日
死の病HIVの感染率と予防方法

HIVは放置しておくことで死に至る可能性がある病気なので、その感染確率や予防方法を知ることで、病気にならないようにすることが大切だと言えます。なかにはHIV患者と接触するだけで病気がうつってしまうと勘違いしている人もいるのですが、意外なことにこの病気の感染確率はそれほど高くありません。血液感染や母子

2020年03月22日
性病検査や治療は病院に行かず通販で購入できる

性病の検査や治療は医療機関を受診しなければ行うことができないと思っている人も多いですが、そのなかには病院に行くことを嫌だと思ったり恥ずかしいと感じたりしている人もいます。医療機関のみ検査や治療を行っていると思っている人で病院を受診することが嫌な人は、症状があるにもかかわらず病院に行かないケースもあり

2020年02月21日
感染率が高く女性は無症状!恐ろしい淋病の特徴と症状

性感染症のなかでも淋病は有名な病気のひとつだと言うことができますが、名前は聞いたことがあるけれど具体的な特徴や症状などは知らないという人も少なくありません。これは感染率が比較的高い性病であり、性交渉を行う人であれば感染する可能性がある病気ですので、しっかりとその特徴などを理解しておくことが大切です。

2020年01月26日
強い痛みを伴うイボ、コンジローマの症状と治療法

コンジローマは性病のひとつであり、淋菌性結膜炎を含む淋菌感染症などと同じ五類感染症に指定されています。この区分によって入院や就業制限などを強制することができるかどうか異なり、コンジローマや淋菌性結膜炎が属している五類感染症では、入院や就業制限を強制されるということはない、いちばん制限の緩い病気だと言

2019年12月29日
HIV感染率が数十倍にも上がるトリコモナスはどんな性病?

トリコモナスは性感染症のひとつであり、この病気に感染していると他の病気に感染してしまう確率も上がってしまいます。たとえばトリコモナスを発症していると、HIV感染率が数十倍にも上がると言われているので、病気の症状や特徴などを知ることによって、感染しないように予防したり感染したときには早期治療を実施した

2019年12月26日
免疫力が低下すると発症する性病カンジダ

カンジダは免疫力が低下することで発症することが多い感染症であり、他の性感染症と異なってセックスで発症するよりも、自己感染による発症のほうが多いと言えます。コンドームを用いないセックスなどでも感染することはありますが、それよりも身体の免疫機能が低下して体内で原因菌が増殖することで発症が起きやすいです。

2019年12月23日
風邪の華と言われているヘルペスの症状と治療法

性器や口唇に症状があらわれるヘルペスは風邪の華とも呼ばれており、認知度が高い感染症のひとつだと言うことができます。これは性行為が原因となって感染することもあれば、性行為がなくても他の感染経路から発症することもあるので、大人から子供まで誰でも感染する可能性がある病気です。一度感染してしまうと完全にウイ

2019年12月21日