薬のケースを持っている人

クラミジアは性感染症のなかでも、国内で最も感染者数が多い病気だということができます。日本国内での感染者数は40万人以上だと言われており、その感染者数の多さから性行為を行う人であれば誰が感染してもおかしくない状況になっていると言えるでしょう。これは性器だけではなく喉にも感染する恐れがある病気であり、症状が進行すると不妊や子宮外妊娠の原因になることもある危険な病気なので、クラミジアに感染したとわかったときには抗生剤の内服で治療を行わなければなりません。性行為を行う人であれば、いつ誰が感染するかわからないので、感染経路や症状、治療方法などを知っておくようにしましょう。

クラミジアはコンドームを使用せずに行った性行為が原因で感染経路となることが多く、コンドームなしのセックスやオーラルセックス、アナルセックスで感染経路となることが多いです。特に同性愛者の肛門性交による感染が多いようですが、最近では風俗店のオーラルセックスでも感染率が上がっています。潜伏期間は1週間ほどでありますが、潜伏期間だけではなく発症してからも症状に気づくことが難しいという点も、この性病の特徴だと言えるでしょう。

クラミジアに感染した場合は男性であれば尿道に症状があらわれますが、それによって尿道炎のような症状が生じたり、尿道から膿が分泌されるようになったりします。女性の場合はオリモノの量が増加したり、不正出血が起こったり、排尿時や性交時に痛みを感じることがあるでしょう。男女に関係なく咽頭に感染した場合は、風邪のような症状が起こったり扁桃腺が腫れたりするようになるという特徴があります。

男性も女性も、必ず症状があらわれるわけではないということに注意しておかなければなりません。クラミジアは無自覚であることも少なくありませんので、無自覚である場合は感染に気づくことができず病気を悪化させてしまい、最悪の場合は不妊症を始めとした重い症状を引き起こしてしまう可能性があるでしょう。男性は精巣上体炎からの無精子症、女性は卵管炎からの子宮外妊娠や不妊症を引き起こしやすいので注意してください。もしも妊娠している女性が感染したままであると、出産時に赤ちゃんが感染することもあるので危険だと言えます。

この病気はジスロマックやクラビットで治療することができるので、病院で処方してもらったり通販サイトで個人輸入した治療薬を用いたりして症状を改善するようにしてください。性感染症の治療薬は病院でしか処方してもらうことができないと思われがちですが、最近では個人輸入代行サービスを利用することで、誰でも簡単に購入することができるようになっていますので、病院を利用できない場合はネットでジスロマックやクラビットを購入すると良いです。クラミジアは放置することで病気が悪化してしまうので、感染に気がついたときにはすぐに治療を開始するようにしてください。

性感染症のなかでも、クラミジアの感染者数は国内で最も多いものであり、誰が感染してもおかしくありません。性行為を行う人であれば感染する可能性がないとは言い切れませんし、風俗遊びや不特定多数の人と関係を持っている人は、発症する確率が高くなってしまいます。これはカップルの片方が感染すると、もう一方にも、うつしやすい病気でもあるので、自分かパートナーが感染している恐れがあるというのであれば、ふたりで検査を受けてみることが大切だと言えるでしょう。クラミジアに感染しないようにしたり、感染後に適切に治療を行うためには、パートナーと一緒に正しい知識を持っておくことが大切だと言えるので、まずはふたりでクラミジアに関する正しい知識を持つことから始めると良いです。